NEWS

アカデミー賞(R)主演女優賞受賞のジュリア・ロバーツ主演、アカデミー賞(R)助演男優賞ノミネートの若手実力派No.1俳優ルーカス・ヘッジズが共演し、第13回ローマ国際映画祭で審査員特別賞を受賞した『ベン・イズ・バック』が、5月24日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開いたします!

そしてこの度、本作の場面写真が一挙到着いたしました!

bib_02147-1
 

今回到着したのは、ドラッグ依存症の療養施設から抜け出し、家族の元に戻ってきた息子のベン(ルーカス・ヘッジズ)が母のホリー(ジュリア・ロバーツ)と再会のハグを交わすシーンや、今年5月に公開を控える映画『名探偵ピカチュウ』にも出演している期待の若手女優キャスリン・ニュートン演じる妹のアイヴィーなど、不安なクリスマス・イヴを過ごすバーンズ一家を捉えた場面写真の数々。

何かを気にするような面持ちで誰かと電話をするベンや、ホリーとベンが衝突したり抱き合ったりと互いに苦悩する様子や、継父のニール(コートニー・B・ヴァンズ)とアイヴィーが真剣な表情で家族の行く末を案じるような場面写真も公開され、一年でも最も幸せな一日になるはずのクリスマス・イヴに、ベンが突如帰ってきたことで大きなトラブルが起きる予兆が感じられます。果たして、バーンズ一家にどんな運命が待ち受けるのか、心が張り裂けるような展開を予感させる場面の数々です。

bib_00807bib_06343-1bib_08523
bib_11355-mark-schaferbib_14114bib_11063
bib_17122-1bib_17718bib_17676-1
 

本作の監督・製作・脚本を手掛けたのは、何を隠そうルーカスの父であり『ギルバート・グレイプ』原作・脚本のピーター・ヘッジズ。『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(‘17)で孤児になったばかりの少年役を演じ、第89回アカデミー賞にノミネートされたルーカスの演技力に魅せられていたジュリアは、ルーカスをベン役に起用すべきだとピーターに直接リクエスト!
 
ルーカスは「僕は生まれてからずっと、父の映画には絶対に出ないとはっきり宣言してきたんだ。自分の父親が監督する映画に出るなんて、考えただけで居心地が悪くなった。とにかく気まずくて変な気持ちになった。」と、父との仕事を一切ないものとしてきたものの、ジュリアからの熱烈なラブコールがルーカスの気持ちを覆し、
 
「ジュリア・ロバーツが、僕にベンを演じてほしがっていると知った時は、もうクレイジーだったよ。ジュリアは、遥か彼方の国の人のような感じがしていたから、彼女が僕と共演したがるなんて、もの凄く嬉しかった。それから脚本を読み、本当に圧倒されたんだ」と、父の書いた脚本に改めて感銘を受けると共に、キャリアの新たな扉を開くことを決断。オファーを受けた当時の喜びを振り返っています。
 
ジュリアの想いが実り、ヘッジズ親子の初タッグも実現した本作。ムビチケカード券は3月8日(金)より絶賛発売中。
”衝撃と感動”の物語にぜひご期待ください。

『ベン・イズ・バック』のムビチケ(前売り券)が、3/8(金)から発売開始となりました。

%e3%83%a0%e3%83%93%e3%83%81%e3%82%b1
 

ムビチケカードのビジュアルは、海外版オリジナルポスターver.となっております。

<一般・1500円>と大変お得な一枚!

 

ムビチケカード詳細はこちら↓
unnamed-1

オンライン券詳細はこちら↓
y%e3%83%a0%e3%83%93%e3%83%81%e3%82%b1400x160_20170627